操作性の改革 近い将来

企業の利用

タッチパネルの分野は伸びる

先述した通りレンタルビデオ店やATM、券売機でタッチモニターの技術は利用されています。
しかし企業で利用されている場面はそれだけではありません。
飲食店ではタッチモニターで注文を行う事が出来る店舗があったり、自販機にもタッチモニターは利用されています。
またタッチモニターの技術を利用したタブレットPCも利用される場面が多くなりました。
タブレットPCはPCのソフトウェアだけではなく、OSによってはスマートフォンのアプリケーションも利用できます。
コミュニケーションツールが多いスマートフォンの機能とPCの機能性を備えており、また非常に薄型で持ち運びが便利です。
商品の説明が必要な際にも簡単な操作で説明画面を出す事が出来ます。
そういった利便性から、企業での導入が進んでおり、外出の際にタブレットPCを所持するように指示をしている企業もあります。… Read more

これから先

タッチパネル

様々な分野で活躍しており、導入が進んでいるタッチモニターの技術はこれから先も利用される場面が増加すると考えられます。
各企業がこぞってタッチモニターの技術を利用した機器を開発しており、価格競争が起こっている現状があるからです。
今よりも更に低コストで利用することが可能になり、他の企業との差別化を図った機器も続々と開発や販売がすすんでいます。… Read more

利点と注意点

タッチパネルの研究

タッチモニターの利点としてあげられるものは、先述した通り操作がすみやかに容易に行えるという点です。文字や絵を専用のペンを利用し、綺麗に書くことも可能です。
またタブレットPCやスマホ等に多く見られる特徴で高機能で且つ省スペースという点もあげられます。
ハードウェアを様々利用する必要がなく、ソフトウェアによって様々な使い方が可能であり、見た目としてはシンプルで小型という機器が増えています。
構造が非常にシンプルで量産が可能という点もメリットとしてあげられます。
量産が可能であれば、それだけコストが下がり、購入がしやすくなります。
ただ、勿論メリットだけではなく注意点もあります。
まず、単純にモニターだけの機器が多いので、埃やチリがたまりやすいという点です。
埃やチリが溜まると、タッチモニターが正常に動作しない場合があります。
タッチモニターの技術を利用している機器によって、タッチした際の検出方法が異なるというのも注意する点です。
検出方法によって、耐水性や感度が異なります。どの機器でも同じようにタッチして反応してくれる訳ではありません。
スマートフォンやタブレットPCは落としやすいので注意が必要です。
滑りやすく、落としてしまうと液晶が割れて利用できなくなる可能性があります。… Read more